August 13, 2006

  • SEO
  • loading
  • track word

サイモン・シン「フェルマーの最終定理」

サイモン・シン「フェルマーの最終定理」 サイモン・シンの「フェルマーの最終定理」を読了。
フェルマーの最終定理については、昨年触れたことがありますので、「最終定理って何?」というのはそちらをご参照のこと。=>「フェルマーの最終定理
本書の感想は「素晴らしい!」のひとこと。
数式は最小限にしぼり、「フェルマーの最終定理」にとどまらず、数学一般の歴史を、飽きさせることなく紹介しています。
「数学は苦手で…」という向きにも、安心して読める良書。
改めて感じるのは、数学者というのはロマンチストの集団だということ。
彼らの根底には、数学的な「美しさ」への欲求があるわけです。
真理に直面して「美しい!」と感じるその姿は、下手な作家や詩人など以上に詩的で情緒豊かな人間を感じます。
「博士の愛した数式」でも、数学の美しさ、それを求める数学者の純粋さなどが描かれていたが、現実の数学者たちの生き様を紹介した本書は、さらに圧倒的。
まさに数字を操る魔法使いの世界が覗けますよ?



この記事をクリップ!   あとで読む  このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマークに追加  BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ゲームブログ TRPGへ
にほんブログ村
「サイモン・シン「フェルマーの最終定理」」から、BlogPeopleへ

Posted by e_tacky at 22:14 │Comments(0)TrackBack(5)
書籍購入・読書記録 



この記事『サイモン・シン「フェルマーの最終定理」』へのトラックバックは下記URLへ

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/e_tacky/50672537

この記事『サイモン・シン「フェルマーの最終定理」』へのトラックバック

  nが2より大きい自然数であればXn+Yn=Znを満たす、自然数X、Y、Zは存在しない。  「私はこの命題の真に驚くべき証明をもっているが、余白が狭すぎるのでここに記すことはできない。」と、ディオファントス(古代ギリシャの数学者)の著書「算術」に書き込みし...

「フェルマーの最終定理」(サイモン・シン著)新潮文庫【黄昏METAPHYSICS】at August 14, 2006 19:43

 交通事故の後遺症で、天才数学者の博士(寺尾聰)は、記憶がたった80分しかもた...

博士の愛した数式【自宅でDVD三昧!??映画・ドラマどんと来い!】at August 17, 2006 17:48

ネタばれあり。まだ読んでいない方はご承知置き下さい。 これはすごい本だ。本当に一気に読んでしまいました。17世紀のアマチュア数学者フェルマーが世に問うた一つの定理。 Xn+Yn=Zn n>2の時、X,Y,Zを満たす自然数はない。 という簡単な形。n=2であれば、ピタゴ...

フェルマーの最終定理、サイモンシン著【ikeday1な日々】at August 31, 2006 07:36

「博士の愛した数式」を見た。寺尾聰という役者は本当に上手だね・・・深津絵里もいい女優だから、退屈そうなテーマなのに、実にほのぼのとして、心が温まり、静かな展開なのに全く飽きさせない監督もうまいと言うことかな「雨上がる」で寺尾聰にアカデミ...

博士の愛した数式【転職したくない窓際中年のリストラ対策】at May 20, 2007 00:49

300年間それを証明できなかったフェルマーの最終定理を証明した数学者アンドリュー・ワイルズの研究の軌跡と、ワイルズ以前にこの難問に取り組んだ数学界の巨人達の苦闘、この定理を証明することが科学にとってどれほどの意味を持つかを描いており、数学に造詣がなくとも....

サイモン・シン『フェルマーの最終定理』【日々のことわり】at August 04, 2007 09:29

 

「サイモン・シン「フェルマーの最終定理」」のページTopへ▲