December 05, 2008

  • SEO
  • loading
  • track word

D&D第4版「プレイヤーズ・ハンドブック」到着

ダンジョンズ&ドラゴンズ プレイヤーズ・ハンドブック第4版(ダンジョンズ&ドラゴンズ基本ルールブック)第4版の「プレイヤーズ・ハンドブック」」が届きました。
いよいよ第4版の世界に触れることができます。
D&D第4版を紹介した次の記事を読んで、期待がますますふくらんでいます。
 =>[TRPG]D&D4th は RPGの王道 - Akira’s Diary この話は聞き流せ。

さて、このパーティー内のロールプレイが最も発揮されるのは、パーティーが危機に直面した場合である。最も端的なのは言うまでもない戦闘だ。ゆえに、2版、3版、3.5版、そして第4版と見てきたとき、最も変化しているのは戦闘ルールだ。それはアドバンスドではないD&Dを「クラシック」として過去のものとした中で、「クラシック」からの進化系としてもあるために、チームワークを引き出すことと、遊びやすくすることを目的としてチューニングされてきた。そして第4版では、その点で高い次元の完成度に至った。それは、ファンタジーRPGであることをルールが体現しているほどだ*3。つまりプレイヤー・キャラクターがコボルト程度の敵しか相手に出来ない存在であっても、そのルールに則ってダンジョンの危険を発見し対処し謎を解き、立ちはだかる敵に剣と魔法を駆使して立ち向かうことで、種族と職業による個性が集まったパーティー・プレイ=ロールプレイが引き出されるのである。そこに世界観や、はたまた世界の危機、プレイヤー・キャラクターの人外化や燃え尽きの危険、キャラクターの性格や癖や人間関係の設定がなくても。
D&D第4版では、私の見た限りの範囲でだが、けっこう高いレベルに至っても、キャラクターのクラス(職業)による区別は、線引きがかなり明確になっている印象を受ける。
戦闘ルールを中心に、各キャラクターの役割分担をより明確にしたシステムとして進化している、つまり、パーティー内ではっきりした立ち位置を軸に、戦術的に凝るもよし、より個性などのキャラクターの色づけに力を入れるもよし。元祖ロールプレイング・ゲームとしての王道を、より幅広く、より洗練されたルールで楽しめるということでしょうか。
RPGを楽しむための確かな土台としての「ダンジョンズ&ドラゴンズ」は、日々進化し続けているということですね。

【参考サイト】

【関連エントリー】
- 第4版「プレイヤーズ・ハンドブック」の初読感想
- PHB4eをインデックス化【追記】
- 「ドラコノミコン メタリックドラゴン」購入
- ドラコノミコン クロマティック・ドラゴン
- 第4版「モンスター・マニュアルII」
- 第4版ルールブックのエラッタ
- 「ドラゴンランス秘史」発売決定【追記】
- やっと魂の戦争第一部(中)到着!
generated by 関連エントリーリストジェネレータ



この記事をクリップ!   あとで読む  このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマークに追加  BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ゲームブログ TRPGへ
にほんブログ村
「D&D第4版「プレイヤーズ・ハンドブック」到着」から、BlogPeopleへ

Posted by e_tacky at 18:22 │Comments(2)TrackBack(0)
D&D・テーブルトークRPG 



この記事『D&D第4版「プレイヤーズ・ハンドブック」到着』へのトラックバックは下記URLへ

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/e_tacky/51506830

この記事『D&D第4版「プレイヤーズ・ハンドブック」到着』へのコメント

トラバくっつけていただきまして、ありがとうございます。
うちの該当記事は、4版PHB発売の話題とは微妙にズレている気もするのですが、これから、多分頑張れる……と、思います。

Posted by 沢渡祥子 at December 06, 2008 11:32

>> 沢渡祥子様
コメントありがとうございます。
3.5版から4版へ、嬉しいような複雑な気持ちもある。それは自分にも共感できるなあと思い、トラックバックさせていただきました。
もろ手を挙げて万歳とはいかなくても、大きな期待感はあるのかなと。
新たなルールで混乱する苦しみは、ある意味、新たな楽しみではないかと思います。

Posted by e_tacky at December 08, 2008 07:13

 

「D&D第4版「プレイヤーズ・ハンドブック」到着」のページTopへ▲