February 17, 2009

  • SEO
  • loading
  • track word

壁と卵 現状を乗り越えられるか

マスコミは専ら、中川財務相の辞任にいたるくだらない経緯を追いかけてますが、「エルサレム賞」授賞式での村上春樹氏の講演をもっと取り上げるべきだと思う。
 =>村上春樹さんの講演要旨 中国新聞・詳報
小説家らしく、平易な比喩を通して、泥沼化している中東情勢に一石を投じる内容です。
。「高くて固い壁」と「卵」=集団・国家と個人、制度・体制と民間人、現実と希望……。
所属する集団によって、眼前の人物が自動的に「敵」に分類されてしまう状況。
それを越えることが出来なければ、打破できない現実がある。





この記事をクリップ!   あとで読む  このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマークに追加  BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ゲームブログ TRPGへ
にほんブログ村
「壁と卵 現状を乗り越えられるか」から、BlogPeopleへ

Posted by e_tacky at 17:06 │Comments(0)TrackBack(0)
政治・社会問題 



この記事『壁と卵 現状を乗り越えられるか』へのトラックバックは下記URLへ

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/e_tacky/51553175

 

「壁と卵 現状を乗り越えられるか」のページTopへ▲