February 19, 2011

  • SEO
  • loading
  • track word

政治家の質は、何によって決まるのか?

自民党の石破政調会長が、民主党16人の会派離脱に関してブログに記事を書いていました。
 =>「会派離脱?: 石破茂(いしばしげる)ブログ
そこで、
あの中で、国会で見るべき活動をした人は寡聞にして知りませんし、何の努力もせず、有権者と直接向き合うこともせず、ただ時の党の実力者によって名簿に登載されただけの人たちなのだとすれば、同じ衆院議員であることは絶対におかしいと断じます。
との部分があります。
16人全員の実績や行動を知らないので即断はできませんが、政権交代フィーバーの中で、予想外に当選してしまった議員もいるだろうとは思います。
ただ、それを解消するために選挙制度を改革すべきとの考えには、ただちには賛同できません。
持論である小選挙区制度をさらに推進したいのでしょうが、比例部分にも必要性はあると思うからです。
もちろん改革すべき部分もあるでしょうが、そもそも議員の質が落ちてきている原因は、選挙制度にあるのか? それは違うのではないでしょうか。
一番の原因は、候補や選挙戦略を決定する政党の実力者が、国民の生活ではなく、投票行為の分析ばかりやっているから、その結果がこうなるのではないでしょうか。
選挙制度を新しくしても、そんな人たちは、別の抜け道を探すだけでしょう。
小沢元代表の選挙重視は有名ですが、そればかりが幅をきかせた当然の結果かと思います。
議員の質の低下は、一番にその政党が報いを受けるべき。現に、今の民主党は議員数は多いはずなのに、人材不足で苦しんでいますね。
それは、われわれ国民にも影響が大きいわけですが、それも仕方がないことです。個々人はどうあれ、国民全体として、また結果として、そういう議員を選んだのですから。
国民のあり方として、そういう議員を落選させる視点、また、当選した議員を成長させる視点が必要なのではないかと考えたりします。
自分たちの議員を教育するという視点は、無理な話と切り捨てるわけにはいかないのでは? 政党だけに任せておくことではない。ますます少子化し、人材の絶対数は減っていくのですから。
twitterなど、日常的に議員や候補の思考や行動を見ることができるようになってきているのですから、国民がどんどん政治や政治家に口を出していくことが大事なのだと思います。
人材の質を向上させるには、一番に育成のための教育に視点を置くべきです。
各政党には、一人一人の議員の力を引き出す教育力に力を入れていただきたい。
議会改革の本星は、議員改革だと断じておきたい。

【参考】網羅できているわけではないですが、自分で作ったtwitterの議員リストを掲載しておきます。




この記事をクリップ!   あとで読む  このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマークに追加  BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ゲームブログ TRPGへ
にほんブログ村
「政治家の質は、何によって決まるのか?」から、BlogPeopleへ

Posted by e_tacky at 11:17 │Comments(0)TrackBack(0)
政治・社会問題 



この記事『政治家の質は、何によって決まるのか?』へのトラックバックは下記URLへ

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/e_tacky/51868456

 

「政治家の質は、何によって決まるのか?」のページTopへ▲