April 02, 2012

  • SEO
  • loading
  • track word

「僕と日本が震えた日」を読了

鈴木みそ著「僕と日本が震えた日」(リュウコミックス)
僕と日本が震えた日」を読了。内容について、読書メモを元に、箇条書き的に記します。

【この本のターゲットは?】
すべての人々へ。東日本大震災への注意を喚起し続けるために。

【この本から学びたいこと】
改めて、東日本大震災によるさまざまな分野の被害状況を確認。正しい放射線の計り方。震災・放射線被害を、一定の距離感で展望すること。

【書中の目にとまった文章】
「正しい値を 正しく計って 正しく怖がる」
「日本は震災では揺るがないんですが もともと揺らいでます」「元々が衰退傾向だっただけで 震災で日本経済がダメになってはいない」
「何を食べればいいのか」「最終的にはひとりひとりが考えて決めることです」「気になる人は自分で管理です」
「気にする気にしない以前に 単位は正確にね」
「放射線測定に近道なし」
「学校給食はね ミキサーして毎食計るべきなんだよ」

【新たな疑問、学びたいこと】
その地域の人々が望むように復旧・復興すべき。ベースとしては、確かにそうだと思う。
しかし、政治家には本来、地域住民(広くは国民)に、未来像を示していく使命があるはずだ。現実的な人々の要望に応えていく復旧と平行して、新たな可能性を開く復興部分を模索していく必要があると思う。

【今後読みたい本】
勝川俊雄著「日本の魚は大丈夫か―漁業は三陸から生まれ変わる」(NHK出版新書360)
勝川俊雄著「日本の魚は大丈夫か―漁業は三陸から生まれ変わる
【この本を読んで次のアクションは?】
たちまちできる行動は少ない。それでも、まずは忘れないこと、小さな行動を積み重ねていくことは、絶やさず続けていきたい。
東日本大震災・原発関連の情報・書籍にアンテナを張り続けること。
クリックで救える命がある。
 【参考】404 Blog Not Found:揺るがず、揺れてる - 書評代わり - 僕と日本が震えた日



この記事をクリップ!   あとで読む  このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマークに追加  BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ゲームブログ TRPGへ
にほんブログ村
「「僕と日本が震えた日」を読了」から、BlogPeopleへ

Posted by e_tacky at 17:56 │Comments(0)TrackBack(0)
書籍購入・読書記録  | 気象・災害



この記事『「僕と日本が震えた日」を読了』へのトラックバックは下記URLへ

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/e_tacky/51972453

 

「「僕と日本が震えた日」を読了」のページTopへ▲