• SEO
  • loading
  • track word

August 09, 2009

長崎原爆忌

1945(昭和20)年8月9日午前11時2分、長崎に原爆投下。
以前にも書きましたが、長崎原爆資料館には、一度だけ行ったことがあります。
やはり核兵器が現実に残した傷跡を目の当たりに見ると、当たり前のように明日があると思っている日常が、いかに不確実なものかと思い至ります。
そういうことを考えてみたりしています。

ブログネタ
日々思うこと何でも〜 に参加中!

 Buzzurlにブックマーク│Posted by e_tacky at10:02Comments(0)TrackBack(0)

August 06, 2009

広島原爆忌

1945(昭和20)年8月6日午前8時15分、世界で最初の原爆投下。
広島に勤務していたころ、被爆体験を聞く機会が何度かあった。
そこには不思議と投下したアメリカへの憎悪は感じられなかった。
考えてみると、不思議でも何でもないのかもしれない。
それほどに原爆自体への恐ろしさが勝っていた。
通常の兵器使用の延長で考えてはいけないのだ。
被爆者たちは、自らの被害を訴えたいわけではない。本当は、あの悲惨な体験など語りたくもない。
しかし、目にしてしまった人類への脅威を伝えなければ、広島・長崎に続いて、同じ過ちを繰り返してしまうかもしれない。
決して実現させてはならない未来を避けるために、被爆者たちは語り続けている。
それを、歴史の勉強ではなく、体験の継承として、私たちは受け継ぐことが出来るのか。
ただの戦争被害として、アメリカを攻撃する根拠として、被爆体験を使っていくのは、あまりに表層的でしかないと思う。
後ちょうど1時間後、64回目の広島への原爆投下時間を迎える。
日常の中で移ろってしまうにしろ、少なくともきょうだけは、今の自分なりに原爆投下について考え、平和への思いを確認したい。

ブログネタ
日々の話題 に参加中!

 Buzzurlにブックマーク│Posted by e_tacky at07:15Comments(0)TrackBack(1)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ゲームブログ TRPGへ
にほんブログ村
カルシィ村へようこそ!-Neverwinter Nightsから、BlogPeopleへ

このページの上へ▲